MENU

筋トレ初心者におすすめのリストラップ3選【伸縮性があるタイプがおすすめ】

当ページのリンクには広告が含まれています。
筋トレ初心者におすすめのリストラップ3選
  • リストラップの効果は?
  • 筋トレ初心者もリストラップを使うべき?
  • リストラップは何キロから使い始めればいいの?

筋トレ初心者はリストラップを使うべきか迷うところ。「初心者だから」という理由で使わない人も多いはずです。しかし筋トレ初心者こそリストラップを使ったほうが、筋トレの効果を最大限引き出すことが期待できるもの。

この記事では、筋トレ初心者におすすめのリストラップを3つ紹介します。記事を読めば自分に合ったリストラップの選び方がわかります

筋トレ初心者は伸縮性がある素材で作られたリストラップがおすすめです。引っ張りながら巻くことができるので、巻く強さをお好みで調節できます。

筋トレ初心者におすすめのリストラップは以下の3つ。リストラップを使って、筋肥大や重量アップを目指しましょう。

リストラップking2ringリストラップレビュー
king2ringリストラップ
Schiekリストラップ
Schiekリストラップ
鬼リストラップ
鬼リストラップ
メーカーking2ringSchiekSBD
長さ60cm60cm40cm、60cm、100cm
8cm8cm8cm
マジックテープ強度強力 強力 強力
タイプフレキシブル、スティッフフレキシブルフレキシブル、スティッフ
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る
筋トレ初心者におすすめのリストラップ
味が美味しいプロテイン!

Naturecan Fitness(ネイチャーカン)は、多くの筋トレYouTuberが愛用するフィットネスブランドです。

ボディビル大会のメインスポンサーを務めるなど、人気が急上昇しています。

Naturecanのプロテインは、味が美味しいと評判です。

1食あたり21gのたんぱく質を配合、高い衛生基準の国内工場で製造されました。

今なら最大70%オフのキャンペーン中。美味しくて高品質なプロテインなら、Naturecanがおすすめです。

\筋トレユーチューバー「なーすけ」も愛用!/

目次

リストラップの効果は?

リストラップとは手首を保護するトレーニングギアです。手首の尺骨と橈骨をサポートして怪我を防いでくれます

リストラップは何キロから使うべきか解説

身体運動の機能解剖 p84

プレス系種目を行う際、手首には大きな負荷がかかります。特にベンチプレスは手首が寝てしまうことで怪我の原因になることも。

リストラップは何キロから使うべきか解説

リストラップを使えば手首を立てやすくなります。怪我を防止して安全にトレーニングしましょう。

山本義徳先生の動画でも、ベンチプレス時のリストラップについて解説されています。

リストストラップとの違い

リストラップと似たトレーニングギアに「リストストラップ」があります。リストストラップとは、握力を補助するトレーニングギアです。

プレス系の種目ではなく背中や上腕二頭筋のトレーニングでよく使われます。英単語とトレーニングギアの形状で考えると、リストラップとリストストラップの違いがよくわかります。

リストラップ:wrist wrap
「wrap:覆う」
リストストラップ:wrist strap
「strap:吊り革」

手のひらを保護するトレーニングギアとして筋トレ用のグローブがあります。リストラップとグローブどっちを選ぶか迷ったらリストラップを選びましょう

運営者
運営者

手首を保護するならリストラップを選びましょう。

リストラップと一緒に揃えよう

筋トレの効果を高めるため、リストラップと一緒に揃えるとおすすめなトレーニングギアを紹介します。

リストストラップ
握力を補助してくれる
背中や上腕二頭筋などバーやダンベルを強く握るトレーニングで必須
リフティングベルト
体幹部の補強や腰をサポートしてくれる
スクワット・デッドリフト・ベンチプレスなど高重量を扱うトレーニングで必須

筋トレ初心者におすすめのリストラップ3選

筋トレ初心者におすすめのリストラップは次の3つです。

筋トレ初心者は、伸縮性があるフレキシブルタイプのリストラップを選びましょう。使い慣れていなくても巻きやすいです。

おすすめのリストラップを選んだ基準

上記3つのリストラップは、長さ・幅・マジックテープの強度・タイプが同じです。特徴が同じなので、ランキングはコスパが良いほうから順に選びました。

リストラップking2ringリストラップレビュー
king2ringリストラップ
Schiekリストラップ
Schiekリストラップ
鬼リストラップ
鬼リストラップ
メーカーking2ringSchiekSBD
長さ60cm60cm40cm、60cm、100cm
8cm8cm8cm
マジックテープ強度強力 強力 強力
タイプフレキシブル、スティッフフレキシブルフレキシブル、スティッフ
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る
筋トレ初心者におすすめのリストラップ

king2ringリストラップ

king2ringリストラップレビュー

king2ringは「リングの王様」という願いを込められたトレーニングギアメーカーです。king2ringリストラップには硬さ別に下記3つのモデルがあります。

  • pk360:伸縮性あり
  • pk360改:pk360より硬い
  • pk360 strong:pk360改より硬い

上記の中で筋トレ初心者におすすめのモデルは「pk360」

伸縮性がある素材で作られているため筋トレ初心者でも扱いやすいのが特徴です。マジックテープの粘着力も強力なので、長く使い続けられます。

値段は2,000円弱とお手頃価格ですが、安いから作り込みが雑ということありません

運営者
運営者

小売店を経由しなかったりパッケージを簡素化したりすることで、コストパフォーマンスを上げました。

コスパがよく耐久性のあるリストラップを使いたいならking2ringリストラップがぴったりです。

king2ringリストラップのレビューとスペックも参考にしてください。
» king2ringリストラップのレビュー

Schiek(シーク)リストラップ

Schiekリストラップ

Schiek(シーク)はアメリカ発祥の老舗スポーツメーカーです。Schiekリストラップには長さ別に2種類あります。

  • 12インチ(30cm)
  • 24インチ(60cm)

30cmのSchiekリストラップは短すぎます。手首に1~2周程度しか巻けないので、サポート力が強いとはいえません。

Schiekリストラップは60cmのものを選びましょう。フレキシブルタイプですが硬めに作られているので、がっちり手首を固定できます。

Schiek(シーク)
¥3,080 (2024/05/18 19:13時点 | Amazon調べ)

Schiekリストラップのレビューとスペックも参考にしてください。
» Schiekリストラップのレビュー

鬼リストラップ

鬼リストラップ

鬼リストラップはパワーリフティング競技用品を取り扱っている武器屋.netが販売しているリストラップです。

IPF(国際パワーリフティング連盟)公認のリストラップ。世界から認められています。

フレキシブルタイプながら硬さもあるので、しっかり手首を固定できます。king2ringリストラップやSchiekリストラップに比べ値段は高めですが、値段以上に価値があるリストラップです。

鬼シリーズIPF公認
¥4,730 (2024/05/17 22:30時点 | Amazon調べ)

鬼リストラップのレビューとスペックも参考にしてください。
» 鬼リストラップのレビュー

チェックポイント

リストラップを使って筋トレしたあとは、プロテインを飲んでたんぱく質を補給しましょう。

コスパを求めるならマイプロテイン、国産の品質を求めるならULTORA(ウルトラ)がおすすめです。

リストラップの使い方・付け方手順

リストラップを付ける手順を見ていきましょう。まずは輪っかの部分(ループ)に親指を入れます。

king2ringリストラップレビュー

手首が曲がる部分にリストラップの淵を合わせて巻きましょう。巻く方向は内巻き・外巻きどちらでもOKです。

king2ringリストラップレビュー
写真は外巻き(時計回り)

内旋・外旋で内巻き・外巻きを使い分ける

山本義徳先生の動画では、内旋するなら内巻き、外旋するなら外巻きのほうがおすすめと解説されています。例えばベンチプレスなら「内旋」なので、内巻きのほうが力を発揮しやすいです。

1周目はきつく巻き、2周目以降は好みの強さで巻きます。

king2ringリストラップレビュー

トレーニングするときはループから親指を外します。

king2ringリストラップレビュー

動画でリストラップの使い方や巻き方を確認したい人は、次の動画がおすすめです。

筋トレ初心者がリストラップを選ぶ3つの基準

リストラップを選ぶときには次の3つに着目しましょう。

  • 長さ
  • マジックテープ部分の太さ
  • 素材

筋トレ初心者は、次表を組み合わせてリストラップを選べば間違いありません。

長さ60cm
マジックテープ部分太い
素材 フレキシブル

長さ:60cm

リストラップの長さはさまざまです。

  • 40cm
  • 60cm
  • 100cm

上記の中でオーソドックスな長さは60cmです。60cmのリストラップは手首に3周程度巻くことができます。40cmと100cmの特徴は次のとおり。

40cmのリストラップ
手首を保護するには短すぎる
100cmのリストラップ
筋トレ初心者にとって長すぎるためトレーニングがやりにくい

60cmのリストラップは“ちょうどいい”長さです。

運営者
運営者

迷ったら60cmのリストラップを選べばOK!

マジックテープ部分:太いもの

マジックテープ部分が太いリストラップを選びましょう。マジックテープの粘着力が強いので、トレーニング中に外れる心配がありません。

一方でマジックテープ部分が細いと、すぐ粘着力が弱くなります。

king2ringリストラップとマイプロテインリストラップのマジックテープ部分の太さを比較しました。

king2ringリストラップとマイプロテインリストラップの比較
左:king2ringリストラップ、右:マイプロテインリストラップ

king2ringリストラップのほうがマジックテープ部分が太いため丈夫で長持ちします。安全にトレーニングするためにも、マジックテープ部分が太いリストラップを選んでください。

素材:フレキシブルタイプ

リストラップの素材は次の2種類あります。

  • フレキシブル:伸縮性がある素材
  • スティッフ:硬い素材

筋トレ初心者はフレキシブルを選びましょう。引っ張りながら巻くことができ、巻く強さをお好みで調節できます。

手首へのフィット感が強いのでトレーニング中邪魔に感じることはありません。

一方でスティッフタイプのリストラップは、淵の部分が手首にあたり痛みを感じる場合があります。手首を保護する強度は高いのですが、スティッフタイプに慣れていないとトレーニングがやりづらいです。

運営者
運営者

筋トレ初心者はフレキシブルタイプ一択!

筋トレ初心者向けリストラップのQ&A

リストラップについてよくある疑問と回答をまとめました。以下から気になる内容を確認してください。

筋トレ初心者にリストラップは必要ない?

筋トレ初心者こそリストラップを使うべきです。手首を怪我から守ってくれたり、高重量トレーニングが安定したりします。

「筋トレ初心者はそれほど重い重量を扱えないからリストラップはいらない」と言う人もいます。しかし手首に痛みを感じれば満足にトレーニングできません。筋トレの効果を最大限発揮するためにも、筋トレ初心者こそリストラップを使いましょう。

何の種目で使うべき?

ベンチプレスやダンベルプレスなど、胸のトレーニングでリストラップを使いましょう。手首を保護しつつ、力を発揮できます。上腕三頭筋の種目であるプレスダウンや、バーベルを持つスクワットで使うのもおすすめです。

何キロから使い始めればいい?

リストラップは何キロから使い始めてもOKです。リストラップを使い始めるタイミングが明確に定められているわけではありません。

リストラップはどこに売ってる?

リストラップはAmazon楽天市場などのネット通販、もしくはゼビオやデポなどのスポーツ用品店で販売されています。ただしスポーツ用品店での品揃えは良くありません。筋トレ初心者におすすめのリストラップは、ネット通販で購入しましょう。

筋トレ初心者におすすめのリストラップまとめ

この記事では、筋トレ初心者におすすめのリストラップ3選【伸縮性があるタイプを選ぼう】について書きました。筋トレ初心者は次表の特徴を持つリストラップを選びましょう。

長さ60cm
マジックテープ部分太い
素材 フレキシブル

リストラップは何キロから使い始めてもOK。「ベンチプレス100kg挙がるようになってから」など明確なタイミングは決められていません。

筋トレ初心者におすすめのリストラップは以下の3つ。リストラップを使って、筋肥大や重量アップを目指しましょう。

リストラップking2ringリストラップレビュー
king2ringリストラップ
Schiekリストラップ
Schiekリストラップ
鬼リストラップ
鬼リストラップ
メーカーking2ringSchiekSBD
長さ60cm60cm40cm、60cm、100cm
8cm8cm8cm
マジックテープ強度強力 強力 強力
タイプフレキシブル、スティッフフレキシブルフレキシブル、スティッフ
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る
筋トレ初心者におすすめのリストラップ

この記事を書いた人

1992年生まれのWebライター。当ブログでは、30代から始める「ゆるっとできるボディメイク情報」を、実体験ベースで発信します。

目次